テーピング
保護しながら動きを妨げないテーピング法です。
薬局、スポーツ店で売ってるキネシオテープを使います。
患部の皮膚を伸ばすように体を曲げます。
そこへ伸縮性のあるキネシオテープを伸ばさないように貼っていきます。
貼り終わって体を真っ直ぐにした時にテープがシワシワになり
皮膚を弛ませていれば成功です。
これにより筋肉の過剰緊張を弛め神経、血流を確保し
運動を妨げずに患部を保護できます。お試しあれ!

腰痛の場合
前屈して腰を丸め皮膚を伸ばし背骨の両脇の筋肉のライン上に
テープを伸ばさず貼っていきます。
体を起こした時にテープが皮膚をシワシワに弛めていれば成功です。

同様に背骨の上に貼っておくと気持ちが安定したり
内臓の調子が良かったりするのでお試しあれ。


注意
かゆくなったらはがして下さい。
皮膚の弱い人には勧められません。
貼りかえる時にラインをずらして皮膚を休ませましょう。
お風呂の度に貼りかえるのが良いかと思いますが
肌が強い人は風呂上りに良く乾かせば3日くらい貼っておけます。











整体の永井
nagaiki@di.pdx.ne.jp
ページ一覧